以下の一覧で紹介するサイトは、
全てGutenbergで編集したページです。

元々、Elementorで作成していた下記の見本サイトについて、トップページだけでもElementorを止めてブロックエディタのGutenbergで作成してみました。目的は、今までGutenbergを避けてもっぱらElementor一辺倒だった筆者の対応を反省して、少しでもGutenbergに慣れる意味でも数多くブロックエディタを使ってみました。

wpテーマ:Astra
https://morisaki.xyz/astra/

wpテーマ:Lightning
https://fujigowp.info/skeleton/

wpテーマ:Lightning
https://fujigowp.info/lightning/

wpテーマ:WP2020
https://wp2020.morisaki.xyz/

wpテーマ:WP2021
https://wp2021.fujisaki.xyz/

wpテーマ:Astrid
https://fujigowp.info/astrid/

wpテーマ:Lighthouse
https://fujigowp.info/lighthouse/

wpテーマ:Bistro
https://fujigowp.info/bistro/

wpテーマ:WP2017
https://wpsample.fujigowp.info/gutenberg/

wpテーマ:WP2017
https://fujisaki.xyz/gutenberg2

wpテーマ:賢威8
https://fujigowp.info/gutenberg

wpテーマ:LightHouse
https://fujisaki.world/gutenberg

各ページに共通する仕様

  1. リンクされている下層ページは、Gutenbergで編集されたページとなっています。
  2. 各ページは、縦に長いLPもどきのページ仕様になっています。
  3. そのLP仕様は、セクション数4~5で1ページを構成しています。
  4. セクションの前半は、見出し付きのカバーブロックで編集されています。
    カバー画像の最小の高さ=500px、背景固定、オーバーレイ=黒、不透明度=20~50
  5. セクションの後半は、「メディアとテキスト」のブロックが続きます。
    メディアの幅=30、その他